カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

お手持ちのバックルにベルト革を取り付けします

古くなったお気に入りのベルト、長年の使用で革が痛みヨレヨレに、、
プレゼント品、海外で買った思い出の品、ハイブランドのベルト等など

捨てるのはもったいないけど使うには傷みすぎている

そんな時、バックルは既存のままに、ベルト革だけを新しく付け替える事をお勧め致します!

バックル&ベルト専門店の当店でしたらお手持ちのバックルにピッタリなベルト革を制作・取付が可能です。

バックルが壊れていない限り、ベルト革は何度でも付替えが可能。
捨ててしまうその前に、一度ご検討下さいませ。

お手持ちのバックルにベルト革を取り付ける時のポイント

使いになるバックルの形状をご確認頂き、対応するベルトの幅・対応出来る革の厚さをお測り下さい。

次に、ベルトとバックルの取付方法

取付方法には糸縫い・ネジ式・ボタン式・カシメ(固定)等の種類がございます。

上記の方法のうち、ベルトパーツを使ったネジ式でしたら当店がレギュラーで制作している「バックル無しベルト革のみ」のベルトにお取り付けが可能です

各ベルトの革種類ごとに「ベルト革のみ」がございますので、こちらよりお好みのベルトをお選びください。

お取り付けはご購入者様ご自身で容易に行える形となっております。



ネジ式以外の取付方法をご希望、または既成のベルト幅・厚さ・形以外での制作をご希望の場合はオーダー扱いでの制作となります。

お手持ちのベルト革と同じように似せて制作が可能となります。

オーダー制作料金のスタートはベルト幅30〜38mmで10,800円(税込)〜となりまして、ベルトの幅・長さ・デザイン・仕様によりお値段は変わります。

ハイブランドのベルト革付け替えはほぼ全てオーダー制作での受注となっております。

概算でのお見積りを行いますのでご希望の方はお問い合わせくださいませ。

オーダー制作のご注文フォーム(商品)はこちらとなります。ネットショップでの決済をご希望の場合はこちらよりご注文ください。

詳しいお打ち合わせは別途担当者からご連絡を差し上げます。

某ハイブランドのバックルに取り付ける為に制作しましたオーダーベルト

バックルに合わせて革厚さ・幅・形を正確に再現しました。


ハイブランドのベルト革付け替えです。バックルはそのまま、ベルトの革のみ新しく制作を行いました。


この様に剥がれてしまったベルト(張り合わせ)は、修理が大変難しく、新たにベルト革を制作することをお勧めいたします。

仮に修理を行ったとして、修理内容は剥がれてしまった革に専用ボンドでの接着とコバ仕上げ。

しかし、一度剥がれた革では再度の接着は再度剥がれてしまう事が多々あり、長くお使い頂けない状態です。貼り合わせベルトの場合は一枚革ベルトよりも耐用年数(寿命)は短いです。


こちらのエルメスのベルトも修理持ち込みが多いブランドの一つです。上記写真は修理後の物。当店の革(栃木レザー)で新たに制作をしました。

ハイブランドに負けない上質な革ベルトはHバックルを引き立たせてくれます。

参考価格:一枚革・ステッチ無し  11,880円 (オーダー基本料金+革漉き加工料金)



▼同じくエルメスのHバックル。こちらは裏生地ありで制作しました。表、裏、共に栃木レザーを使いステッチ仕上げで制作。高級感溢れる仕上がりとなりました。

▼裏面

参考価格:

裏地革ありステッチ加工ベルト 28,000円前後  

裏地革無し一枚ベルトステッチ加工ベルト 18,000円前後



こちらも修理依頼が多いルイ・ヴィトンのベルトです。

作りがしっかりとしているトップタイプのバックルなので、バックルのピンが折れるなどの損傷が無い限り革を付け替えればずっと使える代物です。


バックルのボリューム、質感に合わせてこちらのベルトにはステッチが入りました。

ステッチが入ることにより、高級感と耐久性、革の型崩れが防げます。




こちらはドルガバのベルト。こちらもしっかりとしたトップタイプのバックルです。

既存品と同じくステッチ加工を施し、ベルトループ・ベルト穴も既存とまったく同じ仕様で制作を行いました。




こちらはルイ・ヴィトンのビジネスタイプのベルトです。バックルと剣先金物を外し、既存と同じデザインで新しく制作を行いました。既存品のバックルに合わせて革の幅・厚さ、取付箇所のネジ加工と大変手間のかかる金物の一つです。


全てを手作業で、一つ一つ丁寧に仕上げるからこそ出来る仕事となります。

この様なハイブランド品は、販売店ではなかなか修理を受け付けてくれない所が多いようです。

破損や経年で使えなくなってしまったベルトでも、修理が可能な物も多くあるかと思います。

諦めてしまうその前に、是非当店にご相談くださいませ。



切れてしまった剣先部分の修理です。既存と同じ様に制作致しました。




とても思い入れのあるベルトとの事、またお使い頂けるようになりご依頼者様に大変喜んで頂きました。



思い入れ深いハーレーバヴィッドシンのスタッズベルトです。長年の使用と経年でバックル部分の損傷・ベルト穴部分の亀裂が生じてしまっております。ご依頼の内容は、ベルト本体のスタッズ部分を生かして損傷部分の修理とリメイクです。


切れてしまった革、延びてしまった革の修理は不可能なので、バックル部分とベルト穴部分を新たに制作し、既存のスタッズ本体に縫いつけるという方法。


縫い目等の見栄えを気になさらなければ、この先も十分お使い頂けるベルトとして完成致しました。

上の縫い目はベルト装着時にはバックルと剣先の革で見えなくなります。

手縫いなので解れたり切れてしまったりする事もまずありません。ご依頼者様にも大変喜ばれて当店制作者としても大変嬉しかったです。



〜オーダーベルト制作例〜

バイクが趣味のお客様からのオーダーです。バイクのツーリング時に使うメディスンバッグを通すベルトを制作致しました。

お手持ちのベルトと似たテイストでのデザインで、大変喜んで頂きました。



エルメスのHバックルと同じデザインのベルトです。

こちらのバックルもお持ち込みが多い物の一つとなります。



革を育てる・革を愉しむメンテナンス

革製品の醍醐味はズバリ「経年変化」にあると思います。 使えば使うほどに味わい深くなる、この良さを知ってしまうとソフトレザー(塩化ビニール製品)には戻れないとよく聞きます。

さて、その経年変化はどのようにしたら起こるのでしょうか?



経年変化とは文字通り、経年(時間が経つこと)による自然な革の変化の事。この経年変化はただ普通にお使い頂くだけでも起こりますが、メンテナンスを行う事によりその美しさは格段に上がります!

例えば、一番革の経年変化を実感出来る素材として「ヌメ革の生成仕上げ」が上げられます。「ヌメ革」とは革制作の工程で使うタンニン液が植物性だと言う事。植物性タンニンを「フルベジタブルタンニン」と言い、これで出来た革をヌメ革と呼びます。

余談ですが巷ではこのヌメ革をサドルレザー・ハーネスレザー等の名称で呼ぶ場合がありますが、全ては「ヌメ革」です。サドルやハーネスは部位や使用する物にも対応できる程の厚さや堅甲さの事をさし、それが呼称化となっているとの説があります。

話はそれましたがここからが本題です。

美しい経年変化を起こすには、その革に合ったメンテナンス用品を使用する事です。特にヌメ革は革本来の色のままに仕上げられた無着色の革。故に革が経年で色柄けをする過程を一から愉しめる素材です。

しかし、楽しい半面手間も掛ります。メンテナンス次第でその革の変化や表情は大きく異なります。同じ革でも使い方、メンテナンスで仕上がりが違うならば自分好みに仕上げる事も可能!

これが「革を育てる」という事になります。

ヌメ革にお使いいただきたいのはヌメ革専用のメンテナンス材です。革にはそれぞれの仕上げ方法がありますが、当店の革は先にご紹介した通りの仕上がりなのでフルベジタブルタンニン鞣し専用の植物性オイル(ワックス)をお勧めしています。各メーカーがそれぞれ出していますのでお好みのメーカーでお選びください。



▲当店はコロンブス社に調合をお願いした栃木レザーヌメ革ようの専用ワックスです。

お店での販売でよくある質問で、手持ちのミンクオイルでも良いのか?と聞かれます。全くの不可ではありませんがデリケートなヌメ革生成では成分が強すぎてべたつきの元となります。ミンクなどの動物性オイルは革靴やブーツなど外部での接触が多い素材に適しています。

この他では、蜜蝋やラナパー、保湿・栄養クリーム等もありますがいずれにせよ本番でいきなり塗るのではなく目立たない所でのお試しをお勧めします。

そして一番のメンテナンスはたくさん使う事。使うほどに深みを増す革に愛情を込めて使いこんでください。可愛がった革は貴方に素敵な表情を見せてくれることでしょう。

「お客様の声」から生まれた「ワンちゃんの首輪」

当店のお客様はみなさん「革好き」の「ベルト好き」

ご来店されたお客様の中でご要望で多かったものの一つに

「自分のベルトと同じ革で作った飼い犬の首輪が欲しい」

「愛犬用に、自分のベルトとお揃いの首輪とリードを作って欲しい」

と、いうものでした。

当初はオーダー注文の制作数も少なく、出来なくはないですが専用の美錠と金物、知識にも疎かった為に受注までには至らず、、、

当時、受注をお断りしてしてしまった事に大変申し訳なく思います<m(__)m>

特に、横浜元町に出店してからはその地域柄、犬連れの方が多くベルトではなく、首輪のみをご注文されるお客様も(^_^;)

こんなに喜んで頂けるのなら、、、

そこで、本格的に首輪を制作しようと!となりました

革にこだわるベルト専門店として、ワンちゃん用の首輪でもベルトと同じ良質の革(栃木レザー)を使い、スタッズ・縫製は全て手作業のオールハンドメイド

当店の革職人が1個1個、大切なワンちゃんの為に制作致します

完全受注制作品の為、ワンちゃんの大きさ&サイズ、オーナー様のお好みに合わせて制作!

ベルト制作のスキルを生かし、ご満足の頂ける首輪をお届致します

専用サイト オープン致しました

ワンちゃんを飼っていらっしゃる方、ご興味のある方、是非ご覧くださいませ\(^o^)/

▼J-dogcollar 革職人が作る犬の首輪専門店です

http://j-dogcollar.com/

宜しくお願い致します

 

首輪の他、リードも企画・制作中です!

オーダーベルト・オーダー制作品のご紹介

当店ではネットに掲載しております商品以外にもご注文に応じてオーダー制作をお承り致しております。


オーダー受注品の一部をこちらに掲載させて頂きます。

ベルト以外での受注も致しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。


【2018年10月制作】

家具の一部で使う革のベルトです。



全長180cmと160cm、各2本

これだけの全長を出すには大きな革を加工する必要があります。




このようにベルト以外でもご希望により制作致します。
上記の家具用のベルト以外でも、車(クラシックカー)のボンネットに装着する革のベルト等の制作致しました。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。





▼スタッズベルト/2連ピラミッドスタッズ 

ご依頼内容・・・某アーティスト愛用品モデルを参考に




▼コートベルト

ご依頼内容・・・お手持ちのコート(ラム革)と共生地のベルトを制作ご希望


薄くて柔らかいラム革を裏表貼り合わせてミシンでステッチを掛けました





▼レンジャーベルト パーツ部分カービング加工 


オプションでバックルとお揃いのコンチョを付けました


特注ベルト・革製品、制作致します


「お手持ちの洋服・革製品に合わせてベルトを作りたい」 等のご要望や、舞台や映画、テレビ等の衣装制作・貸出もお承りしております。

※過去に数回、衣装制作・提供歴有り

是非、お気軽にご相談下さいませ。


【オーダー制作製品が出来るまで】

お電話やメール、ご来店で制作したいベルトや革製品をお知らせください。その際に、デザイン画やサンプル等お持ちでしたらご提示をお願いします。

お話をお伺いし、当店で制作が可能か判断させて頂き、可能でしたら大まかなお見積り(概算見積り)をご提示致します。

概算見積り内には、材料費・製作費・諸費用等が含まれます。

概算見積りの金額でご了承頂けましたら本格的に打ち合わせを開始させて頂きます。

デザイン・材料等が確定、費用の全額を納入して頂きます。

制作料金のお支払が完了致しましたら制作に入らせて頂きます。

※制作中に仕様が変更になった場合は変更分の料金を別途ご請求させて頂きます。

制作開始

ベルトの型紙制作、革の選択、製品制作

製品完成・お引き渡し


★栃木レザーの一枚革(半栽)を贅沢に使ったベルト制作★

栃木レザー【生成】

一本一本、丁寧に革を裂いてベルトを制作しています

栃木レザー【チョコレートブラウン】


特注制作(フルオーダー)ベルトはネットショップからでもご注文頂けます。ご注文フォームはこちらです。ネット商品として掲載の価格はオーダーベルト基本料金となります。

★特注制作品のご紹介ページ★ バリエーション豊かなベルトを制作しております。


▼オーダー制作ベルトのご相談・お見積りご依頼先のメールアドレス

shopmaster@jun-company.jp

※お問い合わせ・お見積りご依頼の際には「お名前」「ご連絡先のお電話番号」の記載をお願い致します。何らかの理由により、メールの返信が出来ない場合はお電話をさせて頂きます。宜しくお願い致します。

お電話でもご対応をさせて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さい。

★オーダーベルト作品例 (一部をご紹介)★

〜映画・鋼の錬金術師 2017年公開予定〜

映画製作会社の衣裳さんからのご依頼品。主人公のエドワードとヒロインのウィンリーのベルト。大佐とその他4名のベルト(下地の革)全部で7本制作致しました。

http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/

▼エドワードのベルト

原作のベルトを忠実に再現しました。使用しました革は栃木ヴィンテージ風レザーの生成。オイルの塗布と経年変化により使い古したエイジング感が醸し出されます。

撮影の都合上、少しでも早くエイジングを出したいとの事でしたので、多めのオイル塗布とベルトの日光浴をアドバイス。後日、衣裳さんより良いエイジングが出て撮影も良好とのことでした。


▼ウィンリーのベルト

こちらの革も同じく栃木ヴィンテージ風レザー。カラーはブラックです。周りにステッチを施し、スタンピングで柄を入れました。

装着のバックルに合わせた色合いとデザインとなっております。

〜ベルト幅60mmの極太ベルト〜

使用革は栃木レザーのチョコレートブラウン。ベルト幅があるのでダブルピン使用としました。

腰をしっかりホールドする幅広ベルトです。

真鍮製のバックル。渋みのある経年変化が期待できます。

38mmベルトと比べてみると、その幅広さが一目瞭然です!

ご希望の革・色・幅・長さ・デザインで制作致します。お気軽にお問い合わせください。

オーダー加工/ジャンパードット

 ・ジャンパードット仕様・
 以前より一部のご購入者様より要望を頂いておりました、スナップ式留めの受注を開始致します!
スナップは丈夫で外れにくい「ジャンパードット」を採用。カラーはお馴染の真鍮と艶仕上げのシルバーの2カラー。
お好みよりお選びください。




ジャンパードット裏側

外した所

【ジャンパードットの利点】

・スナップやボタンのように簡単に外れるのでバックルの取替が容易にできる

・ベルトトップのパーツ(ねかわ)使わないので、ベルトトップが比較的すっきりとする

【制作にあたってご理解頂きたい事】

・当店販売のベルトは基本形として、ベルトパーツ(ねかわ)とベルトの帯を組み合わせネジで留めたネジ式タイプのベルトとなります。

その為、こちらのジャンパードットはオーダー加工品とさせて頂きます。

ベルトのご注文を頂きました後、サイズの確認をして店舗にて制作を致します。

大変恐縮ですがオーダー加工品の為、商品制作後のキャンセル並びにご返品・サイズ交換はお受付出来ません。

※ベルトを短く加工が可能な場合のみサイズ調整をさせて頂きます。


【ご注文方法】

ベルトと一緒に「オーダー加工/ジャンパードット」(540円)をカートに入れて下さい。

ベルト1本に対して、ジャンパードットは1個です。

当店にてご注文内容を確認後、メールまたはお電話にてサイズの確認をさせて頂きます。

ベルト長さの関係上、ロングサイズベルトには対応が出来ない場合もございます。

※ウィニーレザーには対応しておりません。

※実店舗では、東京本店のみ店頭にてお承りが可能です。

詳しくは店舗までお問い合わせ下さい。

レザー(革)を愉しむ/メンテナンス

当店のオリジナルレザーベルト【栃木レザーオイル多脂革レザーベルト】シリーズの経年変化をご紹介。

上記は【レッド】のレザーベルトを並べました。画像上のベルトは使用3年超え、一方は新品です。同じ【レッド】ですが、3年の間にこれだけ革の色が変わります。

メンテナンスは、ヌメ革専用の植物系オイル(ワックス)を塗布。

頻度は、はじめの1年は月1〜2回。2年目移行は3ヵ月ごと位に1回程度。

オイル多脂革レザーは、その名の通りオイル成分を十分に含んでおりますので、メンテナンスで使うオイルやクリームは少なめでOKです。

使うごとにオイル成分が浸み出し、革表面が程良く焼け、何とも言えない深い色合いとなって参ります。

▲雑誌取材でも使われた、オーナーのベルト&バックル。深みのあるレッドはオーナー自慢の一品です。

▲こちらは、【生成】。ベルト革本来の色そのままの着色をしないで仕上げる革です。

「革を一から育てる」という観点では、一番のおすすめカラーです。

▲生成、新品と3年経過品。こちらはこの先もっと色が付いてくる事でしょう。楽しみです。

▲こちらの生成も、レッドと同じメンテナンス方法です。

メンテナンスは、ヌメ革専用の植物系オイル(ワックス)を塗布。

オイル多脂革レザーは、その名の通りオイル成分を十分に含んでおりますので、メンテナンスで使うオイルやクリームは少なめでOKです。

ベルト全体に塗布したら、風通しの良い所で吊るして乾かします。より早く色を付ける為、日に当てるというやり方も有りますが、革表面の乾燥や色ムラを防ぐため長時間はお勧め致しません。

頻度は、はじめの1年は月1〜2回。2年目移行は3ヵ月ごと位に1回程度。

なお、生成は新品状態では汚れが付きやすいので、使い始めの手垢が気になる方は汚れ防止のスプレーやクリーム等をご使用下さい。

革とメンテナンス剤との相性もありますので、本体にご使用前にベルトの目立たない所でテスト塗布を行う事をお勧め致します。

革を良い状態、良い表情に育てる為には、上記のようなメンテナンスも大切ですが、一番は「頻繁に使う事」です。

革は使えば使う程、人に馴染み寄り添ってくれます。

さあ、貴方もご愛用の革を手なずけ、育ててみませんか?

▲オーナー所有のレザーベルト

レザー(革)を愉しむ/カスタマイズ

シンプルな無地のレザーベルトを自分流にカスタマイズ。

個性が光る、唯一無二のベルトを作ってみませんか?

▼バックルを付け替えるのはもうあたりまえ。当店常連の皆さまなら既にバックルで個性を出されている事と思います。

当店では、USAバックル取り扱い数1000点(新品&ヴィンテージ品)。個性的なバックルが多数ございます。

上記のバックルに加え、他の個性を出すとすればやはりレザー部分。無地のシンプルなら可能性は無限大です。

ベルトのカラーは9カラーとバリエーション豊か。

このようなスタッズをポイントに打ちカスタマイズすると自分流ベルトの出来上がりです!

ポイントスタッズはベルトをご購入の方へオプションで取付致します。(お値段:1050円)

ご希望の方は是非ご注文下さい♪

この他、オーダースタッズも企画中。こうご期待下さい。

カスタマイズと言えば、コンチョも人気。

コンチョがいっぱい並んでいるのは重そうで。。。という方にはポイントとして付けるのもお勧めです。

剣先に1個、腰骨あたりに左右1個づつ、後ろの腰に左右1個づつ。

またはウエストの脇に左右、真後ろに1個つけてもオシャレです。

コンチョは3個セットとなっておりますが、ご希望により1個単位での販売も致します。希望個数をお知らせ下さい。

▲コンチョは全部で4種類。お値段は1個1600円〜

▲コンチョの取付は意外と簡単!レザーの穴あけに便利な工具が強い味方です。(回転式穴あけパンチ:1980円)

パチンと簡単に穴が開きます。

この穴にコンチョを差し込み、ネジで固定します。

マイナスドライバーで簡単に取付出来ます。

店舗にご来店のお客様でも1個単位で取付されたりしています。

是非お試しください。

ページトップへ